でかいの日記帳

2020/1/13 Monday

カイジ ファイナルゲーム

Filed under: - dekaino @ 11:56 このエントリをはてなブックマークに追加  ゃ <ゃ蚊若のはてなBookmark被リンク数

カイジ ファイナルゲームを観ました。何がファイナル七日は全然わかりません。藤原竜也のカイジはこれで終わりということなのか? とにかくキャラがオールスター的にほとんど出てくるのが素晴らしい。
開示に出てくるキャラはみんな濃いからなぁ。しかし坂崎さんはぜいとも娘の美心(みここ)を連れてきてほしかった。実写化された美心(みここ)みたかったなー。

アグレッシブな未来予想。2020年東京オリンピックの建設ラッシュ景気を最後に日本景気はどんどん悪化するばかり、そして栄えるピンハネしまくりの派遣業の会社。今回の悪役は、派遣会社の社長であり政界にも顔が利く竹中平蔵みたいなキャラ黒崎です。
カイジは野心も度胸も知恵もあるんだけとどこか抜けていて貧乏くじを引く運命にある男なんだよね。
賃金交渉するなら、労働者たちを扇動してまとめ上げる力量はあるのに労働法の知識がないから簡単に切り崩されてしまうわけでね。棒倒しゲームで裏かいて鉄骨わたるときも安全帯使っていいんだからね。まじで「なんでまたこんなことやってるんだ 俺は」だよ。鉄骨を用意するのに比べたら安全帯を用意するなんて全然楽ちんだろうに。

まあこんな抜けてるけど大声出して叫ぶのが得意なカイジくんががんばってがんばってギャンブルに挑戦するわけです。もうギャンブルのセットも大道具さん頑張り過ぎってものばっかり。カネをかけるとこがちゃんとわかっているね。黒メガネ集団もいい感じに威圧感があって、いい感じでヘタレなのがとてもよいです。

カイジもそうだが、ハンチョウは本当に詰めが甘い。制作陣はさすがよくわかっている。悪魔的だ!!
娯楽作としてはかなりいい出来です。
「何にベットするかは欠ける人間が自分で決めるんだ」まあ、そういうことです。

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

Filed under: - dekaino @ 11:14 このエントリをはてなブックマークに追加 筝(ゃ)のはてなBookmark被リンク数

この世界の(さらにいくつもの)片隅に を観ました。同名のこの世界の片隅にの原作にあったのに映像化されていなかった部分を新たに作画アフレコを追加して作られたディレクターズカット完全版みたいな作品です。

主に遊郭のリンさんあたりの話が追加されているのですが、それだけで他の部分がふくらむのです。そうか、ここはそういう意味だったのか? という感じ。追加したせいで168分とかなり尺は長くなっていますが時間を忘れて一気に見てしまいます。この尺でもダイジェスト感を感じてしまうレベル。

前作よりだいぶ大人向けになっていますがR指定はつかなかったようです。まあそれでも小学生にはちょっと早いかも?

ジュマンジ/ネクスト・レベル

Filed under: - dekaino @ 11:00 このエントリをはてなブックマークに追加 吾ャ潟/鴻祉のはてなBookmark被リンク数

ジュマンジ/ネクスト・レベルを観ました。ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルの直接の続編となります。前回高校生だった主人公も卒業してそれぞれの人生を生きていたのですが、休暇であつまってなぜかまたあのゲームの世界に入り込んでしまいます。
前回と違うのは主人公の祖父を含む老人2人もゲームの世界に入り込んでしまったこと。

高校を卒業した若い成人視点と老人視点の両方で語られるストーリーは奥が深いです。
前回はゲーム世界の説明や特殊効果がほとんどでしたが、今回は人間ドラマ要素がかなり入ってます。もちろん恐ろしいダチョウ集団とか映像的にも面白いです。また人間だけでなく馬のキャラクターにもなれるし、キャラ交換もできるし、いろいろ自由度が高くなっています。

人間ドラマ部の出来はかなりよく、単なる子供向け娯楽映画ではありません。
ちょっと舐めてましたがハリウッドの脚本力はすごいです。ちょっと感動しました。
二番煎じだと手を抜かず、きっちり作りこんである引く品です。

21 queries. 0.219 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net