でかいの日記帳

2021/6/27 Sunday

閃光のハサウェイ

Filed under: - dekaino @ 21:21 このエントリをはてなブックマークに追加 泣сい里呂討Bookmark被リンク数

閃光のハサウェイを観ました。コロナ禍で公開が遅れていましたが、ようやく公開されました。
福井要素がない宇宙世紀ガンダムは久々です。Gレコもコロナ禍で公開が遅れてますからね。
街がMS戦闘に巻き込まれるというのは初代ガンダムからあるモチーフなのですが、本作でかなり過激に表現されています。あの耳障りな音を出しながら迫ってくるモビルスーツは、おそらくこの後の時代(Vガンダムの時代)のザンスカール帝国のモビルスーツに似てます。わざと耳障りな音にして、警戒させようとしているのでしょうか?

そしてクエスに魂を捕われているハサウェイ。まさに宇宙世紀ガンダムの主人公にふさわしいコジらせっぷりです。マジ熱い。これはいいものです。
全三部作の一作目からテンション高くて、残り2作も期待大です。

2021/6/23 Wednesday

グリーンランド ―地球最後の2日間―

Filed under: - dekaino @ 23:29 このエントリをはてなブックマークに追加 違若潟潟 亥緇2ラのはてなBookmark被リンク数

グリーンランド ―地球最後の2日間―を観ました。かいつまんでいうと、隕石が落下して地上の人間はすべて死ぬから、それまでにシェルターに逃げ込めって話ですよ。映画の中で2日間くらいしか時間が進みません。

いかにもアメリカらしいアメリカでしか成立しない世界観がエグいです。まずシェルターに入れる世帯が選抜されます。選抜理由は非公開です。もしかしたらクジ引きかもしれません。グリーンカードだってそうだからな。いかにもアメリカーン。
そうなると街の治安は悪化して、シェルターに入れるリストバンドの奪い合い、ガンガン銃を撃ちまくる。なぜかロングドライブでカナダに向かう、いかにもアメリカーン。

たぶん原子力潜水艦も生き残るのだろうから、ほとぼり冷めた後は原潜国家が世界を支配するのかもしれません。
SFとしてはあまりに荒唐無稽でパニック映画としては底が浅いのですが、この手の恐怖にいつもあおられているアメリカらしい作品です。

映画大好きポンポさん

Filed under: - dekaino @ 22:57 このエントリをはてなブックマークに追加 糸ぇ絅純潟のはてなBookmark被リンク数

映画大好きポンポさんを観ました。映画作りの話の映画です。この題材の映画はさほど珍しくはないのだけれど、アニメでやるのは斬新。怪作です。
タイトルにもなっている狂言回し的役どころのポンポさんがとてつもなく雑なフラッシュアニメレベルのキャラ設計なのに、無駄に作画の熱量が高いのです。他のキャラはリアルに寄せてるのにポンポさんだけフラッシュアニメ。ダーウィンがきたのヒゲ爺のような役どころです。

映画作りの話で資金調達ネタが出てくるってけっこう攻めてると思います。映画監督に抜擢されるジーンくんはポンポさんに雇われてる典型的な社員監督で、間違いなくポンポさんに才能を搾取されてるんだけど、本人はまったく気にしてないあたり、とてもリアルだと思いました。
ジーン=フィニ監督
いくら映画がヒットしても監督のジーンくんの取り分は増えないんだよね。儲けはプロデューサー兼脚本のポンポさんと出資したニャリウッド銀行に行く。
ジーンくんはサラリーマンの仕事として映画撮っただけだから、給料以外はクレジットに名前が載るだけ。せいぜいニャカデミー賞を受賞するって名誉しかゲットできないのだ。

寒い話だとは思わないか?

2021/6/12 Saturday

哪吒転生

Filed under: - dekaino @ 22:49 このエントリをはてなブックマークに追加 哪吒荵∝のはてなBookmark被リンク数

哪吒転生を観ました。邦題はナタ転生。封神演義のナタクですね。中国アニメです。
タイトル通り昔の人造人間型兵器である哪吒が現代に転生して超能力バトルをするって話なんですけど、序盤なかなか哪吒が出てこない。転生対象の現代人の李雲祥の話ばっかりなわけです。
JoJo第一部でなかなか石仮面とか波紋の呼吸が出てこないノリに近い。しかもつまらないわけではなくそれはそれで熱い物語なのですよ。JoJoだってディオがズキューンってエリナとキスしたり、犬を生きたまま焼却炉に投げ入れたり、石仮面編なんかより尖がってたのと同じ。本作もバイクレースばっかりやっててそれがまたアツいんですよ。危ないブツの運び屋なんかもやっててそれはそれで面白い。哪吒て何のことだっけッて思ってたあたりにいきなりスタンドというか超能力バトルがはじまるんですね。

このゆるゆるとした転生前のシーンがうまい具合に活かされていて面白いです。転生しかかっても元の人格は消えず、能力とか記憶がちょろちょろ発言するだけ。ナルトの中に尾獣がいるって感覚ですね。器の人格は消えない。

超能力バトル要素以外の描写が濃い作品って日本ではあまり見られなくなりました。中国ではこっちの方が受けるんですかね? 一応日本でも映画館で上映されていたのですが、コロナ禍もあってあっという間に上映終了。いまならNetflixの配信が観るのが簡単だと思います。

シドニアの騎士あいつむぐほし

Filed under: - dekaino @ 22:17 このエントリをはてなブックマークに追加 激≪薑紕ゃ祉のはてなBookmark被リンク数

シドニアの騎士あいつむぐほしを観ました。完結済みのSFマンガが原作で、途中までTVアニメ化もされたシドニアの騎士シリーズのテレビアニメ以降から完結までをつづった作品です。
シドニアの騎士 あいつむぐほし
正直言ってダイジェスト感はぬぐえません。群像劇的な要素はばっさりカットされています。主人公とヒロインのラブラブ路線だけに注目して、オマケに戦闘アクションも頑張ってみたって企画の映画ですね。

まぁこれでシドニアの騎士も一段落ということでしょう。
本作もコロナ禍のあおりを受けた時期につくられた不幸な作品ですが、きっと配信とかではそこそこヒットするんじゃないかと思います。できれば大画面で見た方が楽しいとは思うけどね。

2021/6/5 Saturday

HOKUSAI

Filed under: - dekaino @ 22:31 このエントリをはてなブックマークに追加 HOKUSAIのはてなBookmark被リンク数

HOKUSAIを観ました。葛飾北斎の半生をつづる伝記のような映画です。葛飾北斎生誕260年で企画されたのにコロナ禍で1年公開が遅れたみたい。
北斎については作品も記録も多数残っているので、それなりに時代考証しているようです。北斎の人生の節目節目で区切って章だてしたオムニバス形式になっています。最初の章の阿部寛演じる蔦谷はかっこいいですよ。
衆人の方は北斎の話ではなく、柳亭種彦の伝記になってますね。ちょっと引っ張られ過ぎ。まあ北斎の話ばかりでは間が持たないのでしょう。
それから、娘のお栄の仕切ってる感もなんかスゴい。プロの役者ではなく脚本家が演じてて、いい意味で出戻りの娘って感が説明なしに表現できててすごいと思いました。
柳楽優弥と田中泯が北斎の若い頃とじじいの頃をそれぞれ演じるのですが、いくらなんでもこんな風に歳はとらんだろうって見た目を強引に納得させるあたり演技って奥深いと思いました。

劇場版ラブパトリーナ

Filed under: - dekaino @ 22:06 このエントリをはてなブックマークに追加 雁若のはてなBookmark被リンク数

劇場版ラブパトリーナを観ました。
正式タイトルは「劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ! 〜怪盗からの挑戦! ラブでパパッとタイホせよ"〜」です。ラノベよりも長いタイトルっすね。

低年齢女子向け戦うヒロイン、プリキュアの実写版みたいなガールズ戦士シリーズの最新作です。
でも女子向けというにはストーリーがかなりお下品なのね。ウンチしたり靴下クサいとか、テレビシリーズではこんなことないのに、劇場版でタガが外れちゃった???
ゲスト主役の柳沢慎吾も低年齢女子の認知度低そう。せいぜい映画の前のCMの万葉の湯のオジさんって認識でしょう。完全にマーケティング無視の趣味のキャスティング!!
まあ、ストーリーとかゲストキャスティングより、Lovely^2の歌とダンスが売りですからね、この映画。細かいことは気にしないのが吉です。

ラブパトリーナ+ファントミラージュ
ラブパトリーナ+ファントミラージュ。
他にもマジマジョピュアーズ(除くモモカ)とミラクルちゅーんずのフウカも参入。

25 queries. 0.237 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net