でかいの日記帳

2007/3/11 Sunday

ゼビウスの世界観はニセモノ?!

Filed under: - dekaino @ 21:18 このエントリをはてなブックマークに追加 若鴻筝荀潟祉≪?!のはてなBookmark被リンク数

テレビゲーム ジェネレーション 〜 8bitの魂前回の放送に続き今週は第3回です。
ROMカートリッジの仕様はプログラムROM32KB、キャラROM8KBに決めたらしい。バンク切り替えとかの小細工を使わない場合の最大容量、たとえれば初代スーパーマリオブラザーズと同じ容量になる。結構チャレンジャブルだ。がんばってほしい。

遠藤雅伸
さて、「ぼっちゃーん」企画の世界観やストーリーがまだできてないということで、ゼビウスやドルアーガの塔で有名なゲームデザイナーの遠藤雅伸氏に教えを乞いにいきました。
スタッフ「ゲームの世界観についてお話を伺いたいのですが…」
遠藤氏「そんなの後から適当に作ればいいの まずは面白いゲームをちゃんとつくって」
スタッフ「え? でもゼビウスは世界観の方を最初に作ったんですよね?」
遠藤氏「あれは嘘 当時のプロモーションです。だいたいゼビウスの開発当初の世界観ってベトナム戦争でヘリを撃ち落すゲームだったし」
マジかー?!!! ゼビ語とかガンプ軍とかシオナイトとかみんな後付け設定だったのかよ。これはびっくり大ショック。

ということで、ゲーム世界観なんて適当にでっち上げとけば言いという結論でした。第4回も楽しみだ。

2件のコメント »

この投稿へのトラックバック URI
https://wwws.dekaino.net/blog/index.php/archives/2007/03/11/351/trackback/

  1. Zeviousて隠れている伸びてくるアレ?で楽しむ要素以外
    なんだろうな、当時は色が多彩でメタリックなのが
    少なかったので人気がでたのかも?
    時期的にw 同時に並んでいたゲーム機とは見た目で
    すごかったんだろうと思う。
    シナリオとか考える以前に説明すら書いてなかったような。>ものほんw

    Comment by はと - 2007/3/12 Monday @ 7:48

  2. 番組内で言ってましたが、特に専用ハードウェアで色数を増やしていたわけではなく、当時の標準的なハードウェアでいかに美しい画面をつくるか悩んだ末に、無彩色(白・灰・黒)でグラデーションを主にした色使いなら色数少ないままメタリックっぽい美しい画面になると発見したとか言ってました。
    確かにゼビウスってメタリック色以外は案外貧弱な色使いだよね

    Comment by でかいの - 2007/3/12 Monday @ 9:40

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


← コメント投稿時にはチェック必須です ← ここに deka と半角で入力しないとコメントできません

22 queries. 0.132 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net