でかいの日記帳

2005/3/16 Wednesday

渋谷物語

Filed under: - dekaino @ 0:01 このエントリをはてなブックマークに追加 羝莪欠茯のはてなBookmark被リンク数

渋谷物語を観てきました。
愚連隊で有名な安藤昇の半生史。なんか「知ってるつもり」の再現ドラマのように淡々と時系列に沿ってエピソードが続く。いかにもVシネマ的な映画。それも当たり前で制作は東映じゃなくて東映ビデオなんだね。ちょっと豪華なVシネマってことだ。

でも感心するのは徹底した野外ロケ主義であるところ。テレビ番組の再現ドラマならだいたいスタジオ撮りで済ませてしまうところを、できる限り野外ロケでやろうという執念を感じる。やっぱり野外だと画面が映えます。これぞ映画であります。

ヒロインは南野陽子と遠野凪子。南野陽子はうまく場末のくたびれたバーのママを演じますが、濡れ場シーンは徹底的に拒否。まったく脱ぎません。(ぉぃぉぃチッポケなプライドなんか捨てちまえよ 心の声)
それに対し遠野凪子はバリバリ脱ぎます。何でもやります。すさまじい女優根性です。カッコエーー

史実の安藤昇の半生がものすごいので、2時間以上ありますが飽きません。でもあくまでも出来のいいVシネマです。それ以上は期待しないように。

コメント »

この投稿へのトラックバック URI
https://wwws.dekaino.net/blog/index.php/archives/2005/03/16/53/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


← コメント投稿時にはチェック必須です ← ここに deka と半角で入力しないとコメントできません

20 queries. 0.334 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net