でかいの日記帳

2018/2/24 Saturday

今夜、ロマンス劇場で

Filed under: - dekaino @ 13:15 このエントリをはてなブックマークに追加 篁紊潟劫眼Г里呂討Bookmark被リンク数

今夜ロマンス劇場でを観ました。2次元キャラは俺の嫁を昭和の高度成長期に極めた男のお話です。
本作の脚本はよくできています。すばらしい。どんな大根演技のヒロインでも問題なく泣けるでしょう。だからといってなぜ綾瀬はるかなのかは疑問ですけどね。ホリプロの企画なんでホリプロ縛りは当然あるんでしょうが、だったら深田恭子でいいでしょ? コミカルな女王様キャラならフカキョンの方が絶対にいけてるし。
この珠玉の脚本はたぶん韓国とか中華系の映画としてリメイクされると思います。ハリウッドもありかも??

このお話はあくまでもファンタジーなのに、エピローグがちょっとリアルによりすぎかもしれません。
病院シーンはいろいろツッコミ入りそうです。表面上はほっこりいい話で看護婦もハッピーみたいな感じですけど、あの後誰が遺体を引き取って葬儀をするのか、入院費の会計精算を済ますのか、この後に発生するであろう地獄を思うとほっこりもくそもなくなります。西岸良平的なゆるさでよかったのに残念。

たぶん アダルトビデオのエロパロディ部門でもいろいろ出てきそうですね。そもそもビデオから女優が飛び出てくる作品はアダルトの方がたくさんありますしね。

主人公の姓がマキノなのはあの時代の邦画へのリスペクトなんでしょうね。
社長令嬢の本田翼が一番輝いていた映画でした。塔子さんはまじで天使。

コメント »

この投稿へのトラックバック URI
https://wwws.dekaino.net/blog/index.php/archives/2018/02/24/1407/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


← コメント投稿時にはチェック必須です ← ここに deka と半角で入力しないとコメントできません

20 queries. 0.299 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net