でかいの日記帳

2013/12/21 Saturday

かぐや姫の物語

Filed under: - dekaino @ 23:36 このエントリをはてなブックマークに追加 紮茯のはてなBookmark被リンク数

かぐや姫の物語を観ました。おそらく高畑勲の最後の監督作品となるでしょう。
高畑作品としては久々のヒット作になりそうでよかったです。

話はかなり余白というか語られていない部分が意図的になのか時間の制約のせいなのか、非常に多く観客の想像力での補完もいろいろなバリエーションがありそう。

特に気になるのは相模という教育係、いわばハイジのロッテンマーヤ女史にあたる女性が中盤からまったく出てこなくなります。名前からして彼女本人が相模出身または彼女の母が相模の人と推測でき、東国から出てきた女が有職故実をマスターした教育係なるまでの苦難もあったろうなと想像してしまいます。

天皇の乳揉み1回ですべてが破たんするという戦前だったら不敬罪級のストーリーの作品

コメント »

この投稿へのトラックバック URI
https://wwws.dekaino.net/blog/index.php/archives/2013/12/21/1127/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


← コメント投稿時にはチェック必須です ← ここに deka と半角で入力しないとコメントできません

20 queries. 0.133 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net