でかいの日記帳

2009/7/26 Sunday

宮ヶ瀬ダム内部潜入

Filed under: - dekaino @ 10:32 このエントリをはてなブックマークに追加 絎句羹イ里呂討Bookmark被リンク数

神奈川県央にある宮ヶ瀬ダム内部(監査廊)一般公開に行ってきました。

まずは県立あいかわ公園にクルマをとめてダムサイトに。
宮ヶ瀬ダム
なかなかの威容。この日は観光放流も行われました。
宮ヶ瀬ダム観光放流1
観光放流とは、本来緊急放出用の吐水口から観光のため6分間だけ水を出して見せるイベント。
すごい迫力です。2つの口あわせて30トン/秒の水量を放出します。
宮ヶ瀬ダム観光放流2
上から見てもなかなかいい風景。
虹
水しぶきの中に虹が出ました。

で、本題の内部一般公開の話。
今年は25日(土)と26日(日)の11:20/14:20の計4回、事前登録無しで誰でも行けば見られる形式で公開されました。先ほどの観光放流した吐水口の制御部も見られます。

まずダム管理事務所に行って受付をしてから、保守作業用階段を10階分60メートル弱を降ります。
保守用階段1
この階段はよく平成仮面ライダーの戦闘シーンで使われるので見覚えがある人もいるはず。
普段は一般人は入れない場所なので、この階段を降りただけで感動ものです。
保守用階段2
いかにも通りすがりの仮面ライダーが通りすがってそうな場所。

10階分降りて施設内部に入ると、いきなり涼しい。ダム施設内部の室温はダム湖水温とほぼ同じ(まぁ当然)で、当日は外気温は余裕で30度を超してましたが、内部室温は18度でした。おかげで結露しまくりで壁がベチャベチャに濡れる始末。
内部の廊下

まずは内部移動用のビークル。ロープウェイカーみたいな乗り物です。
保守用ビークル
移動体を支持するレールと電力を供給する架線。3本線があるのはおそらく三相交流です。ゆりかもめなどの新都市交通と似た給電設備。
レール/架線
とりあえず乗って記念撮影。乗員がでかすぎて大変なことに。
でかいのが乗り込んだビークル

これはダムの歪み計。これで貯水量などがわかるそうです。
歪み計

これが観光放流のときに動作していた吐水口ゲート弁を際御する装置
ゲート弁
油圧で弁の開閉を行います。左右2つの弁があり、この写真は向かって右側(さっき降った階段に近い方)。

この後、点検用エレベータで下に降りました。このエレベータ普段も一般公開されていますが、ダムの上側の1Fと下側のB3F以外には止まらないようになっています。ところがこの日は見学した監査廊があるB1Fから乗り込みました。いつも通過しているB1Fってこの通路のことだったのか!!

以上、あっという間の内部見学でした。かなり多くの人が見学していました。とにかく涼しいのがうれしかった。夏はいいけど冬はつらそうな場所です。

コメント »

この投稿へのトラックバック URI
https://wwws.dekaino.net/blog/index.php/archives/2009/07/26/697/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


← コメント投稿時にはチェック必須です ← ここに deka と半角で入力しないとコメントできません

20 queries. 0.265 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net