でかいの日記帳

2019/11/30 Saturday

ターミネーター:ニュー・フェイト

Filed under: - dekaino @ 14:37 このエントリをはてなブックマークに追加 帥若若帥:ャ若祉сゃのはてなBookmark被リンク数

ターミネーター:ニュー・フェイトを観ました。ターミネーター2の直接の続編という割には、やっぱの数あるターミネーター続編群のひとつに過ぎない気もします。まあシュワルツェネッガーが出てるだけ正統派ではあるでしょう。
過去を買えたら未来も変わる理論で過去の設定はすべて帳消し。なぜか未来にはスカイネットはないはずなのにいつまでも未来からターミネーターがタイムトラベルしてくる。
そしてジョンコナーの暗殺に成功した唯一の任務に成功したターミネーターはなぜか事故の生きる目的を勝手に見出して善玉に進化。何を言っているかわからないが、とにかくストーリーはややこしいです。
でもアクションは派手で簡単。ターミネーターのまだ終わらない、まだ続くという粘着性はなく、さらっと敵ターミネーター撃破でハッピーエンドです。
でも、この設定だとまだまだ未来からターミネーターはやってくるし、もうターミネーターがやってくる場所と時刻を事前に知る方法は失われてしまったのでバッドエンド必至。正直未来は暗いです。
どうも、北米では期待ほどはヒットしなかったようで、たぶん本作の続編はなしです。もう、どうにでもなれー

日本語吹替え版だと英語部分は日本語になっているけどスペイン語部分は原語のままという投げっぱなしっぷりがいい感じです。やはりターミネーターにはメキシコとスペイン語がよく似あう。

地獄少女

Filed under: - dekaino @ 12:40 このエントリをはてなブックマークに追加 亥絨絅海里呂討Bookmark被リンク数

玉城ティナの地獄少女を観ました。言わずと知れたベストセラーコミックでアニメ化もされている作品の実写映画化です。
少女と言いつつ全然少女じゃない玉城ティナが閻魔あいを演じます。
閻魔あい
少女ではないですが怪しくて美しい感じはさすがです。しかしタイトルにもなっている閻魔あいの出番は意外と少ないのです。これがエコエコアザラクの黒井ミサだったら出ずっぱりなのですが、閻魔あいは要所要所でスポット登場ですから尺が少なくて残念なのです。

ということで実は主役級に出まくっているのは森七菜が演じるJKの美保なのです。閻魔あいは確実にJKよりは年上風ですね。美保は育ちがいいのですがビジュアル系デスメタルにはまったりしてある意味テンプレなグレ方をしている少女。彼女が心酔しているビジュアル系バンドのボーカル魔鬼が、これまた大金持ちかつ人間として壊れているわけで、胸糞悪いことばっかりやります。
まあそうじゃないと地獄少女の出番はないもんね。

フリーのカメラマン兼ライターの工藤が、悪そうなのに実はお人よしだったりJKに性欲むき出しの喪男だったり、まじで等身大のカメラオタクの30代男性でなかなかいい感じです。
そしてエンディングクレジットが縦書きですよ。久々に見たよ、縦書きのクレジット。いまどき時代劇でもクレジットは横書き上スクロールだもんなぁ。ものすごいこだわりを感じさせる作品です。

ジェミニマン

Filed under: - dekaino @ 12:21 このエントリをはてなブックマークに追加 吾с海里呂討Bookmark被リンク数

ジェミニマンを観ました。ゴルゴ13的な腕利きの狙撃系暗殺をなりわいとする主人公の前に自分が若い頃とそっくりの若い男が現れてって導入の話です。クローンという使い古されたSF設定ですが、老いた主人公が若い自分のクローンに自分と同じ修羅の人生を歩んでほしくない、愛のある人生にしてほしいという、ある意味で上から目線の動機で情をかけてしまうのです。

若さを活かしたクローンが勝つのか、それても経験豊富なベテランが勝つのか、対決アクションはかなり迫力があります。重機だけでなく格闘シーンやカーチェイスもなかなかのものです。

ところで原語だとgeminiをジェミナイって発音してるんですが、どうして邦題はジェミニマンなんですかね? いすずのクルマに忖度した?? もうジェミニなんて売ってないのにね。

21 queries. 0.143 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net