でかいの日記帳

2019/4/30 Tuesday

ハンターキラー 潜航せよ

Filed under: - dekaino @ 23:47 このエントリをはてなブックマークに追加 潟帥若 羹のはてなBookmark被リンク数

ハンターキラー 潜航せよを観ました。アメリカ海軍とロシア海軍の潜水艦アクションです。北米では興行成績が悪かったせいか日本でもあまり宣伝されていません。しかしなかなかよくできた映画なのです。
ロシアの大統領はプーチンとは違う対話志向平和志向の大統領、アメリカの大統領は女性大統領という仮想世界でのロシアのクーデター劇なのですが、攻撃型原潜とアメリカの民間(傭兵)特殊工作部隊が活躍するという、まあアメリカ人が好きそうな設定なわけです。もちろん勝利条件はアメリカに都合がいい状況に持っていくことで、ハッピーエンドになるんですね。ちゃんとお約束を守っているのに客の入りが悪いのは残念。やはり2018年はミュージカルや音楽映画の年だったのかも?

細かいことを言うといろいろ粗は見えるんですよ。特殊部隊の癖になんでヘルメットかぶらないの? とか、いくら何でも軍の重要施設がある軍港の湾内で原子力潜水艦を撃沈していいのか? とかね。原子炉つんでるんだよ。プルトニウムで海洋汚染されちゃってもいいの? とかアメリカ人は放射性物質の汚染に鈍感過ぎだよなぁ。最近は日本人もあえて見て見ぬふりしてる気もしますが。

ロシア海軍の潜水艦の艦長のアンドロポフがいい味出してました。よくできた潜水艦映画です。

バースデー・ワンダーランド

Filed under: - dekaino @ 22:11 このエントリをはてなブックマークに追加 若鴻若祉潟若潟のはてなBookmark被リンク数

バースデー・ワンダーランドを観ました。小説「地下室からのふしぎな旅」(柏葉幸子作)が原作だそうですが未読です。キャラクターデザインはロシアの人ということで、西洋から見た東洋人のイメージなのか、みんな目尻がつり上がっているあたりが特徴的です。

本作は主人公の小学生女子とその叔母さんの2人が異世界に行くというありきたりと言えばありきたりの物語なのですが、個人的に主要3人の女性キャラクターにまったく感情移入できないので楽しめませんでした。
戸建ての家で専業主婦をしていて庭にあるブランコに乗ってる料理が上手いキラキラしてる母親、その妹で実家をスピリチュアルグッズ店に改造して商売している浮世離れした叔母、小学校のイジメに消極的に加担している主人公、みんなクソですよ。そして異世界での経験で成長するというかキラキラ度が増すだけなんですね。
キラキラしてて地に足ついてない感じがどうにも耐えられません。

主人公一家の浮世離れした生活を支える父についてはまったく出てきませんしね。どうも25年前に母は実家から異世界に行っているようなんですが、だから何だという感じ。

叔母さん ああいう生活でスピリチュアル沼に浸っていると男性の縁ははヒモを飼うしかないだろうと思っていたら、案の定ヒモ候補といい感じになって笑えました。バイオリンで飯が食える男は万に1人だし、スピリチュアルグッズを買いに来て押売りされて折れるような男は絶対紐にしかなれないわー

本作は確かにファンタジー映画ですが、異世界がファンタジーというよりは 女3人の生き様がオカルトでスピリチュアルな意味でファンタジー作品なのです。

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜

Filed under: - dekaino @ 20:13 このエントリをはてなブックマークに追加 祉潟<医茵宴若 紊宴蚊のはてなBookmark被リンク数

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜を観ました。タイトル長いですね。マッドマックス リスペクト満載の予告編で話題になった作品です。
予告編ではマッドマックスが目立っていましたが、基本ラインはインディージョーンズのパロディです。オーストラリアにまだやっていなかった新婚旅行に子連れできた野々原ファミリー。なぜか父ひろしが誘拐されてしまい争奪戦となるハチャメチャ系のいつものクレシン映画です。日本が冬でオーストラリアは夏とか細かいところに気を使ったる割には、犬のシロもちゃっかりついてきてたり、いろいろ無茶してますが、まあまあ楽しいです。
特に楽曲が結婚式定番曲のカバーになっているのが楽しい。親も子供も楽しめるファミリー映画だと思います。

21 queries. 0.345 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net