でかいの日記帳

2017/11/19 Sunday

斉木楠雄のΨ難

Filed under: - dekaino @ 20:12 このエントリをはてなブックマークに追加 罐率のはてなBookmark被リンク数

斉木楠雄のΨ難を観ました。またもやジャンプ連載漫画の実写映画化です。銀魂と同じく山崎賢人、そして橋本環奈が主演です。
そのふたりよりも燃堂力役の新井浩文が非常にいい出来です。

前評判通り。しかしですね、身長が足りないというか小さいのですよ。
原作だと他の同級生から頭二つは飛び出る巨漢のはずなのに妙に小さい印象。役者の新井が小さいのかと思えばそうでもない。プロフィールによれば181cmと堂々の180cm超えです。な、なぜだ??

窪谷須亜蓮 燃堂力 海藤舜
「お? 俺そんなに小さいか? これでも181cmあるんだぜ」
まぁ原作設定では燃堂の身長は191cmなので10cmは足りないのだが、それくらい撮影のアングルでどうにでもなるはず。

そう、問題は主役の斉木楠雄役の山崎賢人、お前だ。超能力以外は平凡な中肉中背の体形、身長170cmそこそこの設定なのに、お前 身長178cmもあるじゃないか。新井浩文と3cmしか違わないよ。せっかくの新井君のメーキャップも台無しだ。ここまで似せようと気合い入れるならシークレットシューズはかせた方がよかったかもしれないです。

ストーリーはよくある実写映画化のパターンで原作キャラから厳選したキャラだけ出して、ゲストキャラだして外伝的な本編に影響がないドタパタをやるやつです。んー王道過ぎる。
勇者ヨシヒコのノリが好きなら間違いなく楽しめると思う作品。

19 queries. 0.146 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net