でかいの日記帳

2008/9/12 Friday

首藤剛志のポニョ批評

Filed under: - dekaino @ 6:30 このエントリをはてなブックマークに追加 薤ゅ綽ф壕のはてなBookmark被リンク数

前にも紹介した脚本家首藤剛志のコラムで宮崎駿の崖の上のポニョの話が出てきました。
シナリオえーだば創作術 第160回の末尾 昨日の私(近況報告というより誰でもできる脚本家)コーナー

一応は名を伏せているのですが、誰が見ても宮崎駿とポニョのことだとわかります。たしかに脚本家からみたらシナリオが壊れているんでしょうね。しかも完全に感性にだけ頼った作りではなくて変にストーリーを作りこもうとして結局破綻しているあたりがお気に召さない様子。たしかに技術論としてはとても正しい。なぜ大ヒットするのか疑問なんだろうな。私も疑問に思います。
何よりすごいのはこのコラムが連載されているアニメスタイルは徳間-ジブリ系のサイトだってこと。昔はジブリのwebサイトの中の1コンテンツだったりしました。→アニメスタイルとは
身内だからここまでつっこめるのか、それとも「そんなの関係ねー」な首藤氏だからなのか、ほんとあらゆる意味ですごいと思うコラムです。

コメント »

この投稿へのトラックバック URI
https://wwws.dekaino.net/blog/index.php/archives/2008/09/12/542/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


← コメント投稿時にはチェック必須です ← ここに deka と半角で入力しないとコメントできません

20 queries. 0.123 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net