でかいの日記帳

2020/10/24 Saturday

小説の神様 君としか描けない物語

Filed under: - dekaino @ 15:35 このエントリをはてなブックマークに追加 絨顄腑罕茯のはてなBookmark被リンク数

小説の神様 君としか描けない物語を観ました。同じ高校に通うプロの高校生小説家2人と高校の文芸部の物語です。原作は小説でコミカライズ版もあるのですが、両方とも未読です。
プロの小説家ならではの創作の悩みと、アマチュアとして小説を書く創作の悩み、創作者を支援するスタッフたちの物語が学園生活をコアにして描かれます。登場人物のキャラが立っていて、それぞれのキャラを主題にした章を複数立てるオムニバス構成です。
文芸部部長の器用貧乏な感じがリアリティありますね。そして山本未来が演じる出版社の女性編集者が、相手を支配しようと圧をかけてくるとしか思えない言動をします。山本未来はこういう圧をかけてくる系の女の演技がすごい上手いよ、マジこえー。
橋本環奈と佐藤大樹
橋本環奈が演ずるコユルギシイナは売れっ子女子高生作家ですが学校生活ではそのことは秘密。でも文芸部メンバーだけは知っていてその中ではシイナは上から目線の女王様的言動をします。ここらへんの橋本環奈もいいです。しかしトラウマもあったりして心情ドラマとしてよくできています。

鬼滅の刃 大ヒットのあおりを受けて上映期間短縮、スクリーン大幅減という苦境に立たれさている本作。間違いなく興行的には失敗になりそうです。作品としては続編がいくらでも作れそうな構成になっていますが、続編製作は残念ながら望み薄です。

攀登者(クライマーズ)

Filed under: - dekaino @ 15:18 このエントリをはてなブックマークに追加 肢(ゃ若)のはてなBookmark被リンク数

攀登者(クライマーズ)を観ました。中国隊がチョモランマ(エベレスト)に登頂した実話ベースのフィクションドラマであり国威発揚映画です。
中華人民共和国政府が戒律してすぐ後の1960年の登頂が国際的には認められず、リベンジとして1975年にもう一回登頂したという実話をもとに関係者を別名に替えたフィクションドラマとして再構成しています。有名な中国人のハシゴを設置した登頂隊の話なのです。
女性隊員がいたり、ロマンスがあったり、チベット族と漢族が融和してたり、いろいろ現代風の要素が入ってます。
基本的には、プロジェクトエックスの再現ドラマ的な過去の偉人・偉業の再現というスタンスのドラマであり、どんな訓練したかとかどんなハプニングで苦労したかがメインストーリーとなります。
もちろん中共政府の国威発揚の意志が強く入った映画であり、エンディングタイトルのクレジットの協力協賛の項目には香港映画界の重鎮の名がぞろぞろと出てきます。ジャッキーチェン(成龍)なんかラストシーンでどうでももカメオ出演してるからね。これは北京に従うと誓いをたてさせる踏み絵なわけです。ツイハーク(徐克)もクレジットに出てました。

大河ドラマ的で仰々しい群像ドラマと厳しいチョモランマの環境のCG特撮がよくできています。

2020/10/11 Sunday

映画『映像研には手を出すな!』

Filed under: - dekaino @ 23:17 このエントリをはてなブックマークに追加 祉冴鐚のはてなBookmark被リンク数

映画 映像研には手を出すな!を観ました。新型コロナで上映延期になっていましたがやっと公開されました。
冒頭に設定の説明がされテレビシリーズを観ていなくても問題がないようにはなっています。基本的には文化祭でアニメ上映をするエピソードです。たくさんエクストラを集めて制服も作って贅沢に学園モブシーンを撮ろうというところにあいにくのコロナ禍。屋内でのモブシーンの尺は相当カットされて、屋外シーンばかりになっています。これアニメ制作の話じゃなかったっけ?
それでもラスト20分ほどの上映会シーンはきっちり屋内モブシーン。お金かけて人を集めた甲斐があろうというもの。
映像研の面々
正直主役3人とも美人すぎてキャラを壊してる感はあるのですよ。水崎だけが美人のはずなのにな。浅草みどり役の齋藤飛鳥も金森氏役の梅澤美波も常人ではありえない美人なわけでね。ここ三枚目の地味顔って脳内で変換する「みなし力」が必須なのですよ。

巨大ロボット萌え成分は十分にあります。さすが金かけてますね。ロボの活躍を堪能しまくりです。
鉄巨人 大活躍
多分、実写版はこれで最後なのですがいろいろアクシデントがあった割にはよくできた作品だと思います。

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

Filed under: - dekaino @ 21:14 このエントリをはてなブックマークに追加 祉潟<羶腦鐚潟違祉弱篋冴のはてなBookmark被リンク数

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者を観ました。コロナでちょっと公開が遅れましたが無事上映できました。タイトルから侵略ものかと思いきや春日部かなぞの力で隔離されて孤立する首都消失系の災害映画でした。

奥多摩だか高尾山あたりの山中から相模湖駅に出て日下部に戻ろうとするしんのすけと勇者一行。自分は神奈川県はわかるけど埼玉はよく知らないので、相模湖駅から埼玉に行くのは八王子あたりから八高線で高麗川に抜けて川越線で大宮まで行くのかなーとなんとなく思ってたんですが、西国分寺から武蔵野線で南越谷に抜けて、新越谷の東武線で行くものなんですね。どうして南越谷で足止め食らってるのか全然わからなかったですよ。

きゃりーぱみゅぱみゅがゲストキャラのお姫様の声をやっているのだけど、姫様はキャラは立っててもストーリー上では機能してない感があり、脚本がイマイチだと思いました。
とはいえ子供向け作品としては大変良くできております。今年の子供向け映画では一番良い出来ではないでしょうか?

2020/9/26 Saturday

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

Filed under: - dekaino @ 8:16 このエントリをはてなブックマークに追加 雁 眼<ゃ祉眼<若若海里呂討Bookmark被リンク数

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンを観ました。テレビ版の締めくくりとなる作品です。ほんのちょっと回想シーンとしてテレビシリーズの時の話が出てきますが総集編というには少なすぎます。

今回が完全なる最終エピソードです。なんたって数世代後の歴女が狂言回しとなって、過去の有名人であるヴァイオレットの聖地巡りをする建付けですから、すべては遠い過去にあったお話なのです。
ヴァイオレットの想い人ギルベルト少佐のその後が明らかにされます。もう秒速5センチメートルの主人公以上にダメ人間化した少佐。ドイツ語名のギルベルトをフランス語読みしたジルベールじゃなんの偽装にもなってません。とにかくダメダメ。挙句の果てにたった一晩で説得されて考えを改めてしまうなんて思慮浅く流れまくりのダメ男。しかし女性というものはダメ男に弱いわけです。ダメ男だからこそ愛するわけです。
これもひとつの幸福の形なのでしょう。

バトルシーンはほとんど出てきません。完全に戦後のお話なのです。

23 queries. 0.161 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net