でかいの日記帳

2019/10/14 Monday

引っ越し大名!

Filed under: - dekaino @ 21:36 このエントリをはてなブックマークに追加 綣h紊у!のはてなBookmark被リンク数

引っ越し大名!を観ました。史実の何回も国替えをさせられた越後松平藩のお話です。実話ベースではありますがかなり演出が入っています。原作は土橋章宏の「引っ越し大名三千里」ですが、映画ではオチが違っているとのこと。
確かに映画版はリア充ウェーイなノリで、そっち方面の受けを狙っているようなところがあります。
星野源が演じる片桐は書庫にこもるダメ藩士みたいに書かれてますが、実際は間違いなくエリートオブエリートだったに違いありません。
本作は国元の話ばかりで江戸詰めの藩士は江戸家老しか出てこないのですが、国元も引っ越しやお役御免でつらいでしょうが、江戸屋敷だって石高が減った分の経費削減で人減らしするわけで、相当つらそうなんですがガン無視です。まあ引っ越しはないわけですからね。

高畑充希演じるヒロインのコブ付き出戻りってあたりは新しいですがいいのかそれで?
老人層に好感もたれそうなヒロインで、ある意味で本作は老人ウケをもらった時代劇映画って枠に入るんでしょうかね。
実話ベースではありますが、かなりとんだ演出のドタバタ時代劇コメディに仕上がっている作品です。

惡の華

Filed under: - dekaino @ 17:25 このエントリをはてなブックマークに追加 <のはてなBookmark被リンク数

惡の華を観ました。押見修造の売れたコミックが原作です。また井口昇監督の真面目に気合い入れた作品でもあります。押見+井口ワールドがまたこれすごい作品なのです。
本作は中学生の時の前編と高校生の時の後編の2つのパートがあるのですが、役者はどちらも同じです。髪型や服装でそれなりに年齢を表現していますが、そこはもうリアリティはない。成人した伊藤健太郎と玉城ティナが中学生という絵は無理がある。あるんだけどそこをむりやり中学校の日常に見せてしまう演出と演技がすごいのです。朝ドラの戸田恵梨香が中学生約やってるのはわけが違うのです。
童貞くさい中学生男子の悪友間の会話とか、いかにも中学生ですごいわけです。女子のカーストとかマウントし合うノリがもう中学生なわけです。
唯一中学生に近い年齢の秋田汐梨がまたこれ巧いんですね。そしてちょっと成長が早い女子の体操着姿という素晴らしいシーンが成立するわけです。

とにかく変態しか出てこない本作は変態の変態による変態のための作品であり、心の中に変態を飼っている元中高生に捧げられるノスタルジィドラマなのです。
高校辺にしか出てこない飯豊まりえはまりえで、ちょっと田舎くさいナイスバディな文学少女を熱演。ホリプロの方針なのか彼女だけは露出シーンが極端に少ないわけですが、それでも高校編のヒロインとして頑張っています。とにかく井口昇監督のフェティシズムは天才的です。
未成年の変態ドラマの金字塔ともいえる作品です。

2019/10/13 Sunday

アド・アストラ

Filed under: - dekaino @ 20:33 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪祉≪鴻のはてなBookmark被リンク数

アド・アストラを観ました。父をたずねて海王星まで30天文単位ってお話です。

予告編ではハードSFって印象でしたが、SF考証的にはアマアマでぬるいです。それより社会体制というか政治的な描写の方にリアリティを追及している感じです。月までの旅客機の拝金主義的なサービスも新しいし、月基地は最先端の綺麗なイメージと思いきや慢性的な物資不足で、基地間の輸送でもキャラバンを組んで出発、米国の輸送キャラバンが怪しい第三国の略奪団に襲われる! みたいな治安の悪い中東的に描写は新しい描写って気がします。
ただ、根本の設定の方はお寒い限り。いくらなんでも地球と太陽の距離の30倍は遠い海王星からの影響で地球の電子機器が狂うとか無茶でしょう。反物質だといっても太陽みたいなどでかい質量の核融合の影響に比べたら微々たるもの。月軌道にいるならともかく海王星からではねえ。

まあそこは故国から遠い劣悪な緩急で孤独と戦う父と会いに行った息子というドラマを作るための設定ではあるのですが、ドラマそのものも自分の心には響きませんでした。棄民みたいな探査隊を出す方が馬鹿なんじゃないの? という感想。無理をせず人にやさしい探査をしましょう。宇宙探査は計画席に。

SFを前面に押し出してる割にSFではないあたり珍しい作品です。

工作 黒金星と呼ばれた男

Filed under: - dekaino @ 19:39 このエントリをはてなブックマークに追加 綏ヤ 藥若違靴里呂討Bookmark被リンク数

工作 黒金星と呼ばれた男を観ました。韓国映画です。ビジネスマンとして北朝鮮に潜入するスパイとスパイとビジネスをする北朝鮮の官僚の間に芽生える友情がテーマの作品です。基本的に実話ベース。多少の演出はあるでしょうが、歴史的背景ややった結果は事実そのものです。

金大中政権誕生前夜の不穏な独裁政権の動きがリアル極まりありません。二代目の将軍様の金成日との交渉のシーンもとてもアツい。緊張感ありまくりです。事実は小説よりも奇なりを地で行くスパイドラマであるとともに、貴重な外貨を稼いで少しでも貧しい国民の生活の足しにしようとする北朝鮮側の役人と、元軍人でビジネスマンを装う韓国側のスパイの主人公(コード名黒金星)との間の奇妙な連帯感というか友情、家族を紹介する仲にまでになる深いつながりは、演出が入った話半分だとしても、立場が違う人と人との繋がりに考えさせられるものがあります。

韓国の原題は工作、中国版は北風 です。北風は対北朝鮮のスパイ工作のコード名(北風作戦)なのです。ロケ地は台湾みたいですね。さすがにこの内容で中国では撮影できなかったようです。

立場が違う二人の男の間の友情物語 とてもアツい作品です。

2019/9/23 Monday

アイネクライネナハトムジーク

Filed under: - dekaino @ 21:15 このエントリをはてなブックマークに追加 ≪ゃゃ吾若のはてなBookmark被リンク数

アイネクライネナハトムジークを観ました。eine kleine nachtmusik 直訳すると小夜曲ですね。男性と女性の出会いをテーマに群像劇として描く作品です。仙台駅前のペデストリアンデッキでギターをかき鳴らす人がアニメ版ベルばらのセーヌ川の吟遊詩人みたいなシンボル的扱いになってます。

映画の予告編では多部未華子がバリバリ出てくるのですが、確かにヒロイン扱いなのですが、全然出番が少ない。なかなか出てこないし、出てきた後もしばらく出てこないし、テレビドラマでも引っ張りだこだから映画撮影している時間がないのかなぁ。日日是好日でもそうだったんだよね。でもその代わりに森絵梨佳がたーくさん出てます。理想の人妻として素晴らしい演技をしています森絵梨佳。森絵梨佳に免じて多部ちゃんの出番の少なさを許してほしい。

若い人に受けそうな恋愛もので、舞台も仙台中心部でなかなかイイ感じです。10年前って設定ならまださくら野百貨店も健在だった頃なんだなぁ… とか思ってしまう。できれば冬の雪景色もみたかったですね。
出演者の多くが子役の頃から有名だった役者で演技も深いものがあります。役者だかプライベートのそ出会いも劇的だったりするのだろうか? いきなりアンケートを快諾してくれた人が多部ちゃんだったらびっくりするよなあ。
なかなか良い作品です。

23 queries. 0.290 seconds. Powered by WordPress ME
For questions or comments, please send mail to: webmaster@dekaino.net